測定機や計量器の校正を第三者機関に依頼した際に、結果として返される成果物の必要性を考えてみます。成績証明書は、現場での測定結果が合格基準を満たしていることを示していますが、そもそも校正に使用した機器が世界標準から見てトレーサブルな校正業務であるかという点を保証してくれません。
そこで、トレーサビリティ体系図によって、校正作業に使用した機器が正確な確度をもって使われていることを証明します。これによって校正結果が、第三者機関によって各種規格(ISO、IEC17025など)をクリアし、中立的な立場で作業が行われていることを担保します。
校正現場で行われた校正作業が、国際標準によってトレース可能であるということを明示しますので、結果を信頼できるということになります。

電気や周波数、温度などの分野で役立つ

トレーサビリティ体系図は、標準の機器となっていて科学技術や多くの産業では欠かせないものとなってます。一般的に測定した結果が、適切な標準に対して比較の連鎖が図によって確認することが出来るようになってます。
こちらの特徴しては、国家標準で校正して計測器管理に対応されてることや、あらゆるメーカーの計測器に対応してること、適切な品質と技術があり、公正的な立場で業務運営を行っていること、電気、周波数、温度、光、磁気などの計測器を活用して、精度な標準器から計測器など活用が出来ることです。
国内にあるトレーサビリティ体系の中で上位になってることから、高精度な計測器によって、不確かさが小さいな値であっても図に示することが出来るなどの特徴があり様々な場面で役立っています。

トレーサビリティの重要性に関して

トレーサビリティとは、測定結果が何を根拠に値付されているのかを示す経路で、校正などに使用される機器が全てトレーサブルであることを証明します。業務用の計りであれば、検定症印や規準適合証印が表示されていることで、規準検定を受けている証明になります。
電気機器においても、テスターなどはトレーサブルであることが必要となり、検定を受けていない機器によってデータを採取しても信頼性がないことになります。また、校正を受けていない精度が不確かな機器を使って試験をして成績表をだしても、対象となる製品が基準値を満たしたものにはならないわけです。
それ故、校正を証明する検査性も必要になります。また、機器の校正証明には、単独のトレーサビリティ体系図以外にも、複数の証明書が必要になるわけです。