必要性が高いトレーサビリティ体系図

トレーサビリティ体系図とは計測器が校正されていることの証明書の一つであり、校正機器の国家基準及び国際基準までの追跡できることを表した図で、この体系図により正しく校正されていることを証明できるものの一つですが、計測器の校正を依頼し戻ってくると他に「校正証明書」「計量器の成績書」が提出されてきます。
この2枚の証明書のみで校正され証明できると考えることもできますが、信頼できるいくつかの校正機関を表記し、この機関すなわち会社の計測器の管理システムにより正しく校正されていることをわかりやすく体系図にし、その結果機器が仕様を満たしていることを確認できるものであり、校正を依頼した者に対してそのことを証明する書類としては必要なものとしている又作成料は有料としている会社が多い。

機器の校正からトレーサビリティまで

電気機器や周波数測定機、温度チェック機、光測定機、磁気計測などの計量標準供給を行う公正機関のひとつにJEMICがあります。JEMICは第三者機関としてつねに中立で公正な機械校正を行ってくれます。JEMICの日本での正式名称は日本電気計器検定所となっています。
主に電気計器の検定を行っており校正も手掛けています。経済産業省所管のもと電気の適正な取引の実施を目的としています。JEMICではこれらの電気計測機器の検定や校正以外にもトレーサビリティに関して様々な対応もとっています。
その中の一つにトレーサビリティ体系図の構築もございます。これらのトレーサビリティに関する事象はISOなどの国際資格を取得するうえで欠かすことができません。JEMICの校正を受けていれば国際資格の更新などにおいて問題なくスムーズに対応することが可能です。

測定機器をより信頼性のあるものにする

試験結果を信頼性のあるものにするためには、使用している機器が正確な値を示していることを保証する必要があります。試験の結果を保証する為に通常行われる方法は、定期的な校正を実施することです。検査で利用される機器の校正は、より正確な標準器を用いて実施します。
通常は専門の校正業者に依頼し、実施して頂きます。校正業者で使用されている標準器は、更に国家計量標準として定められている特定標準器や特定標準物質を用いて校正されています。この様な連鎖によって、現場で検査等に用いられている機器は校正されていますので、その機器がどの様な標準器で校正され、更には、その標準器が国家計量標準によって構成されているかという繋がりを証明する為にはトレーサビリティ体系図が重要になってきます。
機器の校正を依頼した時には、校正証明書と一緒に依頼し、保管しておくことをお薦めします。