トレーサビリティ体系図を作成するなら

製造業にとって必要不可欠となっているのが自社商品のトレーサビリティーです。ISOなどの国際規格を取得する際には製品のトレーサビリティーは必要不可欠となっています。トレーサビリティーは自社の製品に製造ロット番号を取り付けて追跡するようにするだけではありません。
製品に使用する原材料はもちろん、包装資材まですべてのものを追跡できるようにしなければなりません。これらのトレーサビリティーを構築していくのは非常に時間と労力が必要となります。これらのトレーサビリティーに必要なトレーサビリティ体系図をJAMICでは作成もしてくれます。
JAMICでは国家標準にトレーサぶるな校正業務を実践してくれます。第三者機関として公正中立な立場で業務を運営してくれるので、とても信頼できます。

金属検出器などの電子計測機器の校正など

製造メーカーにおいてISOやFSSなどの国際規格を取得している会社が多くなっています。これらの会社は数多くの電子計測機器を使用している会社がほとんどです。ISOのルールの中にはこれらの電子計測機器の定期的なチェックいわゆる校正が必要となってきます。
これらの校正などのチェックを行ってくれる機関の一つにJEMICがあります。JEMICはきちんとしたトレーサビリティ体系図にのっとり、中立で公正な電子計測機器のチェックを行います。JEMICの校正によりチェックを受けて問題なく動作していると確認された電子計測機器は、社会的に信頼性が高いものと認可を得たことになります。
これらの電子計測機器の校正は各メーカーも行っています。各メーカーは基本的に自社製品しか校正を行いません。数社から様々な電子計測機器を購入しているようならJEMICに相談してみる事をお勧めします。

トレーサビリティ作業の専門機関

企業活動において、特に各種製品のメーカーなどにとっては、国際規格などの基準に自社製品が準拠しているかどうかというのはとても重要な問題です。製品の販売以前に、この各種規格をクリアしていないと、販売することすらできません。
規格に準拠しているかどうかを専門的にチェックする機関が、JEMICです。ここでは、各種基準の校正作業をしています。これをトレーサビリティ作業といって、各種測定結果が各種規格にのっとっているかどうかを検査する機関になっています。
このJEMICのインターネットサイトでは、トレーサビリティ体系図が掲載されています。具体的に、校正の流れがとても分かりやすくなっています。このJEMICの校正作業に合格すれば規格をクリアしているという証明になるため、重要な要素といえます。