知る事で更に幅広くなるトレーサビリティ体系図

様々な産業に於いて欠く事の出来ない校正業務は、非常に多種多様な物で有ります。日常業務でも当て嵌まる部分が有り、自社で行う事が難しい場合に於いては外部委託する事が一般的だと考えます。標準的な物から、より高度且つ専門的な校正を行ってゆく上で視覚化し易い様に存在して居るのが、トレーサビリティ体系図で有ります。
その段階の内容として、常用的な物に於いては各方面の支社が行い、二次的な物は本社が行います。最も高度な特定な物になると、公的機関が担う事になります。より細かく高度に段階的に進めて行く事で、各種規格から求められる要求にも対応する事が可能になり、公正かつ中立な機関が校正証明書の発行を行います。
そうした事によって測定結果が国家標準にトレース出来ることを表して居ます。

トレーサビリティの体系を調べる

計量の標準を表すトレーサビリティ制度は科学技術や産業の発展とともに重要性が増してきています。トレーサビリテとは測定結果が国際又は国際標準のような適切な標準に対して切れ目なく比較の連鎖によって関連付けられるということを意味していて、そのトレーサビリティ制度ではJEMICという機関が電気、周波数、温度、ひかり、磁気計測において計量標準行為を行う公正中立な立場で働いています。
JEMICが使用している計測機器は全て国際標準にトレーサブルな機器を使っていますので、ISO9000シリーズや、ISO14000シリーズ等の規格が運用してある企業につきましては安心してご利用いただけます。
トレーサビリティ体系図を見ると一般ユーザーがJEMICに標準計測をしてjcssの校正証書の発行から、各国標準研究機関との間で計量標準の国際比較をしている関係がまとめてあります。

計器は国家標準をもとに校正される

主さや場が差を測るためには測定器や計量器を使います。目盛や数値を見ることで対象の度合いを知ることができますが、これらの計器類は通常同じ環境、同じ物体で使用すると、全く同じ数値を示します。しかし、経年劣化などで示される数値に徐々にずれが生じてきます。
同じ条件で使用したのに数値が1キロ2キロとずれるような量りなどはすぐに校正しなければなりません。計器の校正はトレーサビリティ体系図に従って行われます。計器の校正に関わる企業や研究機関などを記した図のことです。
重さ、温度などには特定の条件で計器を使用した時の数値が国家標準として定められています。トレーサビリティとは、国家標準となっている数値が同じものを測量するあらゆる計器に適応可能であるということを指し、前述の体系図に則って数値の狂った計器を正しい数値を示すように手直しを行います。